倒産に関するトラブルを大阪の弁護士の方に相談してみよう

このところ会社の運営状況がよくないため、そろそろ潮時と感じています。。。
今まで色んな策を試してみたのですが、それも全部だめでただ会社の寿命を縮めただけでした。

このままでは返済が出来ないほどの多額の借金を抱える事になってしまうので、出来れば早めに行動をしたいです。
今以上に借金が増えてしまったら、もう法人破産などに手を出すしかなくなってしまうと思います。

個人的にそれは避けたいと思っているので、今度にじっくりと弁護士の方に相談をしてみるつもりです。
おそらく倒産という事になると思いますが、借金が増えてしまうよりは良いです。。。

弁護士の方にきちんと相談をしておけば、いざという時にも安心ですし何かあってもすぐに対応が出来ると思います。
個人的に大阪の弁護士の方に相談をしたいと考えているため、今は倒産についての相談が得意な方をじっくりと探してみています。

顧問弁護士といえば中小企業でも契約をしている所が多いイメージ

私はそろそろ正社員としてどこかの会社に勤務をしたいのですが、なかなか就職先が決まりません。
そのため、今はアルバイトをして生計を立てているのですが、もう殆どの友人は正社員としてきちんと働いています。

この前に、高校の時に仲の良かった友人達と会ったのですが、仕事の話になるとどうしても皆と距離を感じてしまいます。
私も、早く正社員として友人たちと話が出来るようになりたいです。。。

そういえば、その時に集まった友人の一人に私の自宅の近くにある中小企業に勤務をしている友人がいたのですが、最近に会社が顧問弁護士の方と契約をしたそうで、何かあった時にも安心だと言っていました。
私はアルバイトの身なので、バイト先に行ってもあまりそういった話は耳にしません。。。
もしかしたら、顧問弁護士の方と契約をしているのかもしれませんが、私は恐らく一回も関わる事はないと思います……。

弁護士の年収が激減?

士業と言われる税理士・公認会計士・弁護士などは年収が高いというイメージがつきものだが、現実はそうでもないらしい。

弁護士でも年収200とか300ぐらいの人もいるみたい。
おまけに弁護士資格を取っても、仕事が無くて弁護士業務すら出来ない人もいるとか。

なんでこんことが起きてるのかというと、単純に需要と供給のバランスが崩れているからみたいです。

需要↓ 相談件数の減少(日本人口自体が減少傾向だから仕方ないのかも)

共有↑ 弁護士資格の保有者が増加

特に最近はインターネットで全国・全世界を相手にビジネスが出来てしまうので、
弁護士のような紹介業務で成り立っていたビジネスが崩れてきたんでしょうね。

逆に稼いでる人は、上手くインターネットの仕組みを利用して半端無く稼いでるんでしょう。

時代の流れの見極めは勉強が出来る、努力すること以上に稼ぐという視点では大切だということが分かります。

倒産手続きで分からない事があるなら弁護士の方に聞くのが一番!

私は最近自主再建について知りたい事があるのですが、こういう事って自分で勉強をするだけでは何だか物足りないですよね。
結構自分自身の知識にも疑わしい部分があったり、何気に情報を集めていたら全て分かったつもりでも、意外と知らない事があったりして驚いてしまいます。

そのため、私は自主再建などの倒産手続きをより知るために、現在弁護士の方に相談に行こうかと思っているんです。
倒産弁護士は倒産手続きに詳しいですし、疑問に思う所があればすぐに聞いたりする事が出来ますよね。

自分で調べていると、疑問に思っている事を解決できない事も多いですから……。
一応答えがでても、凄く不安に思ってしまう事も多いですし!

今弁護士の方に聞きたい事をメモにまとめているので、ある程度聞きたい事がまとまったら早速相談に行きたいと思います。
自主再建は非常に複雑そうなので、これから何度も相談にいかないと解決しないかもしれませんね。。。

友人が勤務している中小企業では顧問弁護士の方と契約している

私は、もう結構長い間同じ会社に勤務をしており、今では一通りの業務は普通にこなせるようになってきました。
とはいっても、かなり小規模な会社で、殆ど個人での運営に近いです。

それでも、社員の方はとても良い方ばかりで、トラブルなどもなく皆さんがとても親切にして下さります。
ところで、友人は地元の中小企業に勤務をしており、たまに会うとそういった会社の話題になる事も本当に多いです。

もちろん、私も現在の職場についての話をしたりするのですが、このところは友人の会社についての話を聞く事が殆どです。
最近、友人の勤務先では新しい顧問弁護士と契約をしたそうで、その方が本当に親切だと言っていました。

私の勤務先ではそういった方とは恐らく契約をしていないと思うので、どういった事をしてくれるのかが凄く気になってしまいました。。。
今度、機会があったら顧問弁護士の方について個人的に調べてみようと思います。

顧問弁護士の方は料金が高い方が安心感がある気がする

何となく顧問弁護士の方って、料金が高い方が安心感があるような気がしませんか?
私が実際に契約をして確かめた訳ではないので、一方的な私の考えとなりますが……。

私は何でも高い方がいいという考えをしているので、どうしてもそう思ってしまうんですよね。
まぁ、顧問弁護士の方は確かに高い料金の方の方がしっかりとしたサポートがある事が多いようですけど。。。

やはり、実際に相談などをしていってみないと分からないものですからね(汗)
少し前に友人が顧問弁護士の方と契約をしたのですが、そんなに料金が高くない方にお願いをしています。

それでも十分に会社の経営の方も上手くいっていて、友人には満足できる位のサポートもあるそうです。
そう考えると、やはり自分に合った方にお願いするのが一番いいのかもしれませんね。
自分に合った方を探すのは苦労をすると思いますが、最初にきちんと選ぶ事が大切みたいです。

私が見ていると、この顧問弁護士は良さそうですね。
お二人で事務所をやられているそうですが、中小企業の問題に強いそうです。

私は労働法について知らない事が多いため弁護士に聞いてみたい

このところ、社内でかなりリストラがあり、結構たくさんの社員が解雇されてしまいました。
私は、何とかリストラにあわずに済んだのですが、いつ会社を辞める事になってしまうか分かったものではありません。

そのため、リストラにならないためにももっとしっかりと残業などをしておきたいと思っています。
そんな時に、一番仲の良い同僚が急に労働法についての相談を聞いて欲しいと相談があったのですが、私にはその知識がないため助言をする事が出来ませんでした。

せっかく相談をしてきてくれたのに、何も出来ず本当に情けないです。
そのため、家に帰ってからインターネットで労働法についてを色々と調べてみました。
すると、今まで全く知らなかったような事も多く見つかり、自分自身も本当に参考になりました。
しかし、まだまだ分からない事も多く、ここまできたら、この労働弁護士に聞いてみたいと思ったので、今度聞いてみるつもりです。

経営難の最中に取引先倒産を弁護士の方に相談する事に……

ちょっと前に、私が勤務をしていた会社が倒産してしまったため、現在は他の企業に勤務をしています。
最近、やっと業務などにも慣れてきたのですが、そんな中でとても深刻な問題が起こってしまいました……。

というのも、長い間経営不振が続いたことによる倒産の危機が訪れてしまいました……。
噂では経営者破産をする可能性もあるとの事で、社内はいつもそういった話題で持ちきりです。

そんな時、更に事態を悪化させる問題が起こってしまいました。。。
というのも、取引先倒産が起こってしまい、更に経営難に拍車をかけてしまったのです。

その影響で、社内全体がかなり険悪なムードに包まれており、このままでは本気でやばいかもしれません。
現在、早急に倒産弁護士へ相談を行う事になっているので、どうにか上手く解決ができるといいのですが。。。
この会社まで無くなってしまったらと思うと、心配でたまりません。。。

大阪の有名な弁護士事務所に相談に行ってみたい!

今企業再生の事で悩んでいて、そういった問題に強そうな弁護士事務所を探しているんですよね。
大阪には結構有名な弁護士事務所が多くあると聞いたので、現在いい方を探してみています。

大阪には本当に弁護士事務所の数が多いので、正直探すのは少し苦労をしてしまいそうですが……。
評判などを調べながら探していけば、多分そんなに苦労はしないと思います。

良い弁護士事務所を知っているなら、もっと探す時間を短縮できるのでしょうが、私は今回に大阪で探すのが初めてだったので。。。
調べて行ってみると、すぐに幾つか気になる所が見つかりましたが、まだまだ評判を知らない事務所がたくさんあります。

今回初めて大阪弁護士に相談をしに行くという事で、ある程度じっくりと時間をかけて探したいのですが。。。
時間的に余りゆっくりとは出来ないので、不満がある状態で相談に行かないようにだけは注意をしておきたいと思っています。

労働訴訟をした時の注意点について事前に弁護士に聞いてみる

現在、私の周りでは労務管理による問題がとてもたくさん起こっており、私もそういった問題で困ってしまった事がありました。
その時は会社ととてもじっくりと話し合い、お互いの勘違いなどを把握し合って、どちらもが同意の上で解決をする事ができたので良かったです。

しかし、現在また労務管理に関する問題が起こってしまい、以前のように会社に訴えてみたのですが、今度は聞く耳さえ持ってくれませんでした。
そこで、一度状況などを確認してみたのですが、やはり契約に違反しているのは会社側なので、会社が対応をしてくれない事にはどうしようもありません。

もし、このまま対応をしてくれない場合は、労働訴訟を起こす予定です。
そのために、現在労働訴訟について詳しい情報を調べているので、注意点などを実際の弁護士の方に聞いてみたいかもしれません。
今度の休日に、ここの労働弁護士へ相談の予約を取ったので、気になる事をすべて聞いておきたいです。